イブ ジェントリーについて|ピラティスティーチャー 北佳子オフィシャルサイト

イブ ジェントリー プレピラティス
北佳子
ミシェル ラーソン

イブ ジェントリー プレピラティスカルフォルニアで生まれ育ちバレエとスペインダンスを学ぶ。1929年更なるダンスの追求の為サンフランシスコへ移りAnn Munstockのモダンダンスに出会う。その後ニューヨークに渡りMartha Graham、Doris Humphrey から、また、Ballet ArtsやJoffrey Balletでダンスを学んだ。1940年Dance Notation Bureauを創立し、ダンサー・振付家・教師として活躍し、New York Universityでも教師を務めた。またイブ ジェントリー(Eve Gentry)はアメリカで初めてLaban notationを教えたアメリカ人ダンサーである。

秀なダンサーとしての活動と平行し、ピラティスの創始者であるジョセフ ピラティス(Joseph Pilates)よりピラティスを学び、1942年から1968年まで彼の元でピラティス教師として働き、最も長く共に仕事をした人物でもある。イブはダンサーではなかったジョセフにダンサーの身体技術について教えた事で、ダンサーをサポートするアプローチとしてピラティスが成長してくきっかけを与えた。

たより身体の機能改善や痛みの緩和の為のアプローチ、『プレピラティス』を考案し、それは現在のピラティスに大きく貢献している。

1968年ニューメキシコ州サンタフェに移り、ピラティスとダンスのスタジオを設立し後進の育成に努めた。

年にわたり彼女のスタジオにはアメリカ中のダンサーが訪れた。

Evelyn Lear (アメリカを代表するソプラノ歌手)
「私の人生において、イブ ジェントリーは意外な発見をさせてくれました。彼女の愛情深く、知識のあるガイダンスによって、今私は痛みのない、そしてエネルギーに満ちた生活を送っています」と彼女の事を賞賛している。

1994年84歳でこの世を去った彼女の全ての技術をミシェル ラーソン(Michele Larsson)が引き継ぎ後世に伝えている。

※当サイトでは、イブ ジェントリーが生涯最後に行なったワークショップDVD(日本語版)をご紹介しております。
詳しくはこちらのページをご覧ください⇒





ホーム プロフィール Book/DVD教材 お問い合わせ